パソコンのアドレスでは…】【TOP】【(工事中)

FTPソフトでファイルをアップロード

ここではフリーソフトの「FFFTP」でファイルをアップする方法を説明します。
FFFTP」のダウンロード(作者のWEBページにジャンプします。)

設定方法】【FFFTPの操作方法】【アップロードするファイル】【ジオシティーズで動作させるには?

FFFTP 設定方法(初期設定)

【1】FFFTPを初めて起動した場合、メールアドレスを入力するダイアログが出るはずです。
メールアドレスを入力したら「OK」を押します。

【2】ホスト一覧が表示されるので「新規グループ」を押して接続データを格納する
フォルダを作成します。名前を付けて「OK」を押します。

【3】先ほど作成したフォルダを選択し、「新規ホスト」を押します。
すると、以下のウィンドウが出てきます。

ホストの設定名:プロバイダの名前や
HPスペースの名前など
わかりやすい名前を入力します。

ホスト名(アドレス):プロバイダや
借りているHPスペースにより異なります。
プロバイダやHPレンタルのページを
ご覧ください。(よくある質問等)

ユーザー名・パスワード(パスフレーズ):
プロバイダの場合は接続用の
ユーザID・パスワードを
HPスペースの場合、ログイン用の
ユーザID・パスワードを
入力します。
詳しいことはプロバイダ
HPレンタルのページを
ご覧ください。(よくある質問等)

anony mous:
通常はチェックを入れる必要は
ありませんが、プロバイダ・HP
スペースによってはチェックを
入れる必要があります。

ローカルの初期フォルダ:
「FFFTP」を起動したときに表示する
ローカルのフォルダを
設定します。
htmlファイルが置かれているところに
設定すると便利です。

ちなみに「ローカル」とは自分の
パソコンを指し、「ホスト」は
HPスペースを指します。

ホストの初期フォルダ:
「FFFTP」を起動したときに表示する
ホストを設定します。
プロバイダ・HPスペースにより
異なります。

他にも拡張などのタブがありますが
これらは特に設定する必要はありません。

入力が終わったら「OK」を押します。

【4】設定したホストを選択し、「接続」をクリックします。
ローカルとホストのファイルが表示されます。




FFFTPの操作方法

「FFFTP」の操作法を説明します。

ファイルのアップロード・転送モード変更・ファイル選択

ファイルの転送は、ローカルにあるファイルを選択し
を押すと、ホスト側にファイルがアップロードされます。

逆にホスト側にあるファイルをダウンロードするには、ホストのファイルを選択し
を押します。

ファイルには「アスキーファイル」と「バイナリファイル」の2種類があります。
アスキーファイルとは文字データを扱うファイル(txt,html,doc等)
バイナリファイルとは画像や音声データ扱うファイルです。(jpg,png,mid,wav,au等)

アスキーファイルをアップする場合を押してからを押し、
バイナリファイルをアップする場合を押してからを押します。

あらかじめを選択しておくと、アスキーファイルとバイナリファイルを
自動的に転送モードを切り替えてアップロードします。
(画像・htmlファイルをまとめて転送する場合は便利)

複数のファイルを選択するには「ctrl」キーを押しながらファイルを選択します。
全てのファイル(c:などのドライブ除く)を選択するには一つのファイルを選択し、
「ctrl」+ Aを押します。

フォルダの作成・移動

ホスト、またはローカルにフォルダを作成するには、どちらかの領域に
カーソルを動かし、右クリックします。
メニューが現れるので「フォルダ作成」を選択します。
フォルダの名前を付けて「OK」をクリックします。

作成したフォルダに移動するには、そのフォルダをダブルクリックします。
フォルダから1段上に戻るにはをクリックします。

ローカルの初期フォルダから、別のフォルダに移動するには を押します。

上のようなウィンドウが出てくるのでを押します。

開きたいフォルダを選択して「OK」を押すと、そのフォルダに移動します。

パーミッションの設定

WWAのみをアップする場合、パーミッションはあまり関係ありませんが
CGIが使えるサーバを借りている場合、ランキングCGIなどを組み込むことができます。
ただし、ある程度のCGIの知識は必要です。

例えば某CGI配布サイトで掲示板のCGIプログラムをダウンロードして
解凍したあとにアップロードしたとします。
しかしこのままでは全く動かず、エラーが出てしまいます。

これはホスト側にあるファイルにパーミッションを設定していないためです。
パーミッションとはファイルの許可属性を示しており、「書く」「読む」「実行する」
という許可をファイルに設定します。

ホスト側のファイルを選択し、右クリックするとメニューが出ますので
属性変更を選択します。



以下の数字は現在の属性に表示されているものです。
どのファイルにどの数字を割り当てればいいのか説明します。
ただし、サーバによっては多少違う場合があります。

755:CGI実行ファイルに設定します。(拡張子:*.cgi 例外あり)
CGIファイルをメモ帳などで開いた時、最初の行に
#!/usr/local/bin/perl のような文字列があります。
これはCGIを起動させるために必要なパスです。
このようなファイルに755と設定します。
ライブラリやモジュールには、このような文字はありません。
(cgi-lib.pl CGI.pm など)

666:データを格納するファイルに設定します。(拡張子:*.txt,*.dat,*.cgi)
掲示板の書き込みデータや、カウンタの数などを記録しています。

644:ライブラリやモジュールに設定します。(拡張子:*.pl,*.pm,*.cgi等)
アップロードした地点で644に設定されているので、特に設定する必要はありません。
ライブラリ・モジュールとは、CGIが使用する機能が格納されているファイルです。
CGI実行ファイル内の「require」関数で呼び出されます。

777:「lock」などのファイルロック専用フォルダに設定します。
カウンタ用プログラムなどでよく用いられています。
ページの同時アクセスなどで発生するデータファイルの破損を防ぎます。



アップロードするファイル

を選択した状態で全てのファイルをアップすると
WWAが正しく動かなくなる場合があります。
そこでどのファイルをどのモードでアップロードすればいいのか説明します。

以下がWWAを起動させるために必要なファイルです。
効果音が必要ない場合、10.auのようなファイルをアップする必要はありません。
WWAを確実に動作させるには以下のファイルを同じフォルダ(ディレクトリ)に
置く必要があります。

動作する例
WWAGAME(フォルダ)┐
		***.dat
		***.gif
		WWA.class
		*.au
動作しない例

***.gif
WWAGAME(フォルダ)┐
		WWA.class
		*.au
		datdir(フォルダ)┐
				***.dat
WWA.class
WWAを遊ぶために必要な機能が入っているファイルです。
バイナリモードでアップロードします。

****.dat
WWAで作成したマップ、イベント情報が入っているファイルです。
(****の中にはマップ作成時に入力した名前が入ります。)
バイナリモードでアップロードします。

****.gif
WWAでマップ画像を表示するために必要なファイルです。
(****の中には画像名が入ります。)
バイナリモードでアップロードします。

****.html
WWAを表示するために必要なhtmlファイルです。
マップ作成ツールの「マップデータをブラウザで見る」を実行すると
user.htmlというファイルが生成されます。
「user」部分を別の名前に変更したものをアップします。
アスキーモードでアップロードします。

*.au
WWAで効果音を鳴らすために使用するファイルです。
*には数字が入ります。
バイナリモードでアップロードします。

全てアップロードしたら、アップしたアドレスにアクセスします。

例)http://www.korolo.co.jp/~minami/wwa/user.html

WWA読み込み画面が表示され、効果音読み込み選択画面が表示されます。
エラーメッセージが出る場合、ファイルのアップし忘れや、転送モードなどを再確認してください。

また、正しく転送したのに動作しない場合、ブラウザが読み込み失敗を引きずっている
可能性があります。キャッシュをクリアするか、ブラウザを再起動してみてください。




ジオシティーズで動作させるには?

ジオシティーズ(YahooのHP作成サービス)では
アップ出来るファイルの種類が制限されています。
WWAでアップするファイルの中に***.datというファイルがあり
そのファイルはジオではアップすることができません。
(拡張子を変更してからアップして、拡張子を.datに変える事も不可です。)

しかし、以下の方法を使えばジオでもWWAを動作させることができます。
(以下の***にはファイル名が入ります。)

【1】まず、「****.html」(WWAの生成ファイル user.html の名前を変更したもの)を
メモ帳(または秀丸などのテキストエディタ)で
HTMLソースを開きます。(メモ帳の場合「ファイル」→「開く」)

【2】ソースの7行目にある
<PARAM NAME=paramMapName VALUE="***.dat">の
「***.dat」を「***.lzh」に拡張子を変更して保存します。

【3】マップファイル「***.dat」の拡張子を「***.lzh」に変更します。
「拡張子を変更するとファイルが開けなくなります」とでますが
構わず「OK」をクリックします。
(戻す場合は「***.dat」に変更。)

【4】編集した「***.lzh」と「****.html」をジオシティーズにアップします。
拡張子は違いますが、これで動作します。

パソコンのアドレスでは…】【TOP】【user.htmlをいじる)