画像の編集方法】【TOP】【WAV形式音声ファイルをAU形式に変換

ぺイント、IrfanViewで編集・変換

キャラを一から描く場合、ドット打ちで描いていきます。(ペイントのツールを駆使)
ドット打ちの経験の無い場合、一から描くのは大変ですので
既存の素材からコピーする方法を紹介します。

「material.gif」等からパーツをコピー】 【アイコン素材からコピー】 【Irfan viewで透過GIF変換

「material.gif」からパーツをコピーする方法

 
【1】まず、ペイントを2つ起動し、一つは「material.gif」を開きもう一つは編集したいBMP(GIF)ファイルを開き、
拡大ツールで6倍くらいまで拡大しておきます。
なお、このサイトでダウンロードできるマス目つき画像を使用しています。

 
【2】「material.gif」をルーペで拡大し、コピーしたいパーツを選択ツールで選択します。
右クリックでメニューを開き、「コピー」を選択します。

 
【3】編集したいBMP(GIF)を開いたペイントをアクティブにし、 「編集」→「貼り付け」を選択すると、
左上に枠線で囲まれたパーツが出現します。
(ここで、枠線以外の部分をクリックしてしまうと、確定してしまうので
失敗したら「編集」→「元に戻す」でやり直し、再び「貼り付け」を選択してください。)

  【4】枠線で囲まれたパーツにカーソルを合わせ、
配置したい場所までドラッグ&ドロップします。
微調整は難しいですが、頑張ってちょうどいい所
に配置してください。
ここでいいと思ったら、枠線で囲まれたパーツ以外の
部分をクリックします。
貼り付けたパーツの背景色が透過色と違う場合は
塗りつぶしツールなどで色をあわせましょう。
BMP(GIF)で保存したら、「Irfan」で透過GIFに変換します。



単体画像ファイルの貼り付け

  【1】まず、ペイントを起動し、画像を挿入したい
マップ表示用ファイル(BMP,GIF)を開きます。次に
「編集」→「ファイルから貼り付け」を選択します。

  【2】貼り付けたいキャラ画像を選んで
「開く」をクリックします。
ここでは透過済みのGIF画像を開きます。
(非透過の画像でもOK)
1パーツの大きさは40×40までです。

  【3】ペイントの右上に枠線で
囲まれたキャラが出現します。

   
【4】配置したい位置に画像を動かします。背景の透明、不透明を選び、確定します。
作業が終了したらBMP保存して、「Irfan view」で透過処理します。




「IrfanView Ver3.91」で透過処理

 
【1】「Irfan View」を起動し「ファイル」→「開く」を選択します。

 
【2】開きたいファイルを選択し「開く」をクリックします。

 
【3】画像が表示されます。

  【4】「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択し…



 
【5】ファイルに名前を付け、
ファイルの種類をGIFにします。
その後「JPEG/GIF保存設定」の
GIF枠「透過GIFで保存」に
チェックを入れ、
「透過色を設定して保存」
を選択して「保存」をクリック
します。

  【6】この画面で透過したい色を
クリックすれば、透過処理は完了です。
画像の編集方法】【TOP】【WAV形式音声ファイルをAU形式に変換