マクロ文の使い方】【TOP】【ペイント、Irfanで編集・変換

画像の編集方法

RPGで使う画像を全て自作、または一部変更する場合
以下のものが必要です。

■■ ■ペイントなど、BMPを編集できるソフトウェア
■BMPから透過GIFに変換できるソフトウェア
■上の両方が可能なものがあればなおよい(Photoshop Elements、LIMITED EDTION等)
■解凍したフォルダにある「material.gif」(全て自作する場合、必要なし)
■このサイトでダウンロードできるWWA専用マス目画像(2種類あります)
■キャラクターのアイコン画像(1パーツの画像サイズは40x40まで)
キャラものアイコン素材は素材系サイトなどで入手できますが、素材の
利用条件などは必ず読んでください。

WWA用のGIF画像の横サイズは必ず400ピクセル(10パーツ分)でなければなりません。
縦は何ピクセルでも使用できます。

←400ピクセルまで→


また、画像には特定の画像を表示させるための部分が
存在し、プレイヤー画像、選択肢ボタン画像などは
必ず決まった位置に置く必要があります。
(縦160ピクセル、横400ピクセル部分)

.
右上の黒と灰色は削除、透明パーツ配置に使用します。
黒は削除用、灰色は透過された部分です。



.
1×8の青い部分はプレイヤー画像を配置します。
プレイヤーの向きは左から上上下下左左右右となります。




.
3×3の赤い部分は外枠のグラフィックを配置します。
中央部分はアイテムスペース用の枠、それ以外は
マップ表示の枠部分となります。




.
1×4の黄色部分は選択肢などに使用するYesNoボタンに使用します。
左から、クリックする前のYesNoボタン、クリックした後のYesNoボタンを配置します。




.
1×4の水色部分はプレイヤー能力表示用アイコンを配置します。
左から、生命力、攻撃力、防御力、所持金となります。




.
1×4の紫色部分は攻撃エフェクト、プレイヤー能力表示用の枠です。
左から、攻撃エフェクト、能力表示枠となります。




.
3×3の黄緑部分は将来の拡張用スペースです。
この部分にグラフィックは置かないほうが無難です。

オレンジ色より下の部分はどんなグラフィックでも配置できます。

マクロ文の使い方】【TOP】【ペイント、Irfanで編集・変換